X(twitter)でCreator ID Verificationのメッセージが届いたらやること

X(twitter)

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆様こんにちは。

今朝ですが、Twitter(X)の通知に以下のような文書が表示されていました。

今回、このメッセージの意味と、
このメッセージが表示されたら何をすべきなのかを検証していきます。

Creator ID Verificationの対応対象となる人

今回のメッセージの対象者は、X(Twitter)から何らかの支払いを受けている人全てと思われます。

冒頭の文書が通知欄に表示されるほか、Twitterアカウントを登録しているメールアドレスにも対応依頼メールが届きます。

そして、「支払いを受け続けるには、7月1日までにクリエイターIDの検証を完了してください

とあります。

なかなか強力な文書ですね。。

なお、過去にX(Twitter)で免許証などの認証が済んでいる人も対象のようです。
(実際私も免許証認証をすでに終わらせています。過去記事を参照ください

先にお伝えした内容になりますが、7月1日までに対応するよう、期限が設定されています。

必要なもの

必要なものは、以下の通りです。

・セルフィーと写真を撮る準備(証明書類の撮影)

・デバイスに稼働可能なカメラがあることの確認

・明るい場所の確保

おそらく、証明写真を撮りたいんだろうなという指示内容ですね。

手続きの進め方

手続きは、通知をクリックすると表示される画面下に
「Verify Identity」というボタンが表示されていますので、チェックボックスにチェック後、
ボタンをクリックしてください。

しかし難問が。。

先ほどのボタンをクリックすると、まずボットでないことを証明するために
絵合わせの認証が始まります。それを終了させると次の画面に推移するはずなのですが、
どうも混雑しているようでなかなか先に進みません。。

身分証明書の撮影

1時間程度経過した段階で、上記エラーが発生しなくなったので、次の手順を説明していきます。

まず、身分証明書・運転免許証の提出になります。

上記イラストのように、携帯電話の正面に免許証をかざして、撮影します。

途中エラーが発生したり、証明書の種類を尋ねられたりすることがありますが、正確に回答してください。

セルフィーの撮影

次はセルフィー(顔写真)の撮影です。

顔写真は、スマホで手続き中の場合はスマホのインカメラを使用して撮影されます。

撮影に際し、カメラに対してアクセス許可が必要なため、許可ボタンを押します。

その後明るい場所で撮影を行なってください。

なお、撮影にあたって、メガネとマスクは禁止のようです。

撮影後の手続き

撮影が終了すると、「大体完了したよ!」的な案内が表示されますので、
「Submit」ボタンを押します。

最後に再度ロボットでないことの確認がありますので、終了させると、手続きは完了となります。

登録完了してみて思うこと

以前Twitterに運転免許証を登録する手順をお伝えしましたが、

その手続きと何の違いがあるのか正直わかりませんでした。

しかし、収益化している(通知が来た)人はやらなければならない手続きであることは間違いないので、
手続きは必須と考えます。

登録期限も設定されていますので、手続き忘れがないよう、よろしくお願いいたします。

YouTubeチャンネルうさ夫チャンネルでは、今回の内容のほか、
様々なネットのわかりにくいを少しわかった気になるyoutube動画も掲載していきます。
キャンプチャンネルの、うさ夫チャンネル/キャンプも公開しておりますので、
よろしければチャンネル登録いただけるとコンテンツ制作の励み、生きる励みになります。

良い1日になりますように!

コメント

Amazon プライム対象
タイトルとURLをコピーしました