iPhoneがマイナンバーカードになる!実装形態はどんな感じ?

Apple

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

iPhoneがマイナンバーカードに?

皆様こんにちは。
先日岸田総理よりとんでもない発表がありました。

なんと、マイナンバーカードがiPhoneに実装されるというものです。
今回はその内容について予測を含め、確認していきたいと思います。

突然の発表

おいおいおいおい!まさかの我らがティムクック様とのトップ会談じゃないですか!

というわけで、5月30日に「iPhoneにマイナンバーカードが搭載される」と発表されました!

実は、Androidではすでに実現してるスマホ用電子証明書搭載サービスですが、
iPhoneでは色々問題があり、未定となっていました。

なぜ今までiPhoneに未搭載だったのか

しかし、なぜAndroidでは対応できて、iPhoneで未搭載の機能となっていたのかについてですが、
セキュリティ(セキュアエレメントと言われています)の課題で、
マイナンバーカードを搭載するにあたって、アップル側の承諾が必要だった模様です。

この領域はエンドツーエンドで暗号化されていて、
中間に関わっている誰もが複合化できないという、高度にセキュリティが要求される領域となっています。

今回は、政府とアップルの調整がうまく行った結果、マイナンバーカード搭載が実現するという状況のようです。

実際の搭載形態は?

では、実際にどのような形態でiPhoneにマイナンバーカードが搭載されるかを見ていきましょう。

Apple newsroom https://nr.apple.com/dN3j2D3hM3.

なんと、アップルウォレットで実現する模様です!米国外で初!なかなかやりますね。

ということは、OSレベルでの搭載ではなく、アップルウォレット上に搭載ということになりますね。

現在、アップルウォレット上にはクレジットカードやSuicaなどのICカードを
インストールできる
ようになっていますが、
その中にマイナンバーカードが仲間入りするというわけですね。。

この動きについては、引き続きうさマガでも追いかけていきますので、
ぜひ続報をご期待ください!

YouTubeチャンネルうさ夫チャンネルでは、今回の内容のほか、
様々なネットのわかりにくいを少しわかった気になるyoutube動画も掲載していきます。
キャンプチャンネルの、うさ夫チャンネル/キャンプも公開しておりますので、
よろしければチャンネル登録いただけるとコンテンツ制作の励み、生きる励みになります。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

Amazon プライム対象
タイトルとURLをコピーしました