【追記あり】REON POCKET 2・正直レビュー、良い点・改善すべき点

つぶやき

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ソニーのREON POCKET(レオンポケット)2が我が家にやってきた

皆様こんにちは。

ソニーからペルチェ素子を使用した冷温感デバイス、REON POCKET(レオンポケット)というものがあります。

パソコンなどのCPUを冷やす技術を使って人間の体を冷やすというかなり尖ったデバイスです。

このデバイスについては以前から気にはなっていたものの、いまいちきっかけに恵まれずに購入するまでには至りませんでしたが、この度、REON POCKET2(レオンポケット2)という後継機が発売されたということで、夏に向けて購入してみることにしました。

商品が早速届きましたので、良い点、悪い点を含めて普段使いのレビューを行っていきます。

手のひらサイズのなかなかに小ぶりな筐体

当初、冷感デバイスというぐらいですので、かなり大振りなものなのかなと考えていましたが、届いてみるとかなり小ぶりなデバイスです。これなら普段持ち運んでも邪魔にはならないサイズ感だなと感じました。

電源アダプタの付属は無し。

このデバイスは本体内蔵のバッテリーを動力源としています。本体内蔵バッテリーを充電する際は、本体側にUSB Type-Cポートが備え付けられていますので、そこにUSBケーブルを接続し、電源アダプタを使って充電していきますが、電源アダプタが付属していませんので、別途用意するか、今お使いのアダプタを流用する必要があります

冷温感部は四角いプレート

冷温感部は、約4cm x 5cmの板となっていて、付属のシールを貼るようになっています。(写真はシール貼り付け後)

この部分が冷たくなったり、暖かくなったりします。

レオンポケット専用インナーウェアを使ってレオンポケット2を体験

今回、こちらのREON POCKET専用インナーウェアを購入、使用してみます。

このインナーウェアは背中上部にREON POCKETをセットするポケットがありますが、穴の中に差し込むような取り付け方をしてREON POCKET本体を固定します。

生地はかなり肌触りが良いように感じました。REON POCKETを使わない日にも着たいなと感じたほどです。

[ソニー] REON POCKET専用インナーウエア ホワイト(L)

[ソニー] REON POCKET専用インナーウエア ホワイト(L)

1,980円(10/20 03:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

早速この REON POCKET専用インナーウェアに電源を入れたREON POCKET2本体を差し込んで、インナーウェアの上にカッターシャツを着て過ごしてみます。

背中に伝わるひんやり感

REON POCKET2はスマートフォンにインストールしたアプリ、「REON POCKET」からコントロールします。今回はオートモードでREON POCKET2を動作させます。

動作直後、すぐに背中にひんやりとした感覚が伝わってきました。今回出力をREON POCKET側で自動的にコントロールしてくれる「オートモード」を使ってバッテリーの持ちなどを検証してみます。

30度の野外利用30分、あとはエアコン弱稼働(27度)の室内という環境です。

結果、バッテリーの持ちに関しては、REON POCKET2を3時間稼働させた状態で、バッテリーが1メモリ残るという具合でした。

冷たさをどのように感じるかについては、個人差があると思いますが、
野外利用では、背中にひんやりとした感覚は感じるものの、もちろん汗は出るという状態でした。
冷やされる場所は局所的な冷たさに留まりますが、茹だる暑さの状態からは和らぐかなという感じです。

室内利用では、なかなか冷たいなという印象を受けましたので、冷感デバイスとしての機能は概ね果たしているのではないかと感じました。

REON POCKET2の良い点

今回、REON POCKET2を使ってみての良い点を列挙すると。。

  • 超お手軽に手元でもひんやりとした感覚が味わえる
  • 冬場はカイロの代わりにもなる(現在夏につき、まだ未検証)
  • 背中に(専用インナーウェアを使って)貼り付けることでひんやり体験をすることができる

といった感じになりました。

REON POCKET2の改善希望な点

逆に、REON POCKET2を使っていて改善して欲しいなと感じた点についてはこちらです。

  • バッテリーの持ち時間は標準で8時間くらい欲しい
  • 連続運用中1時間経つとREON POCKETが一時停止する
  • REON POCKETと肌の密着感がもう少し欲しい

となりました。

良い点、改善点なども記載させていただきましたが、お手軽にひんやりを感じることができるデバイス、REON POCKET2、価格は比較的お求めやすい金額となっていますので、興味のある方はぜひ実際にお試しいただけると嬉しいです。

今後、新たに体験してお伝えすべき情報のほか、ファームウェアアップデートなどで各機能の改善などがみられましたら、こちらの記事に追記させていただきます。

【追記・YouTube公開しました!】

このREON POCKET2をバイクで使用してみた動画をYouTubeにて公開しました!ぜひ合わせてご覧ください。

今日も最後までごらんいただき、ありがとうございました!

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました