Paycha(ペイチャ)店頭での使い方

つぶやき

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スマートフォンを使って決済可能なPaycha(ペイチャ)の使い方

皆様こんにちは。うさ夫です。

今スマートフォン決済や、カード決済など、非接触での決済ツールがたくさんリリースされていますが、今回は、チャージ時に20%のプレミアムが付与されるということで話題の、北九州商工会議所さんが発行されているスマートフォン決済Paycha(ペイチャ)の使い方を案内していきます。

意外と簡単な決済方法

このPaycha(ペイチャ)は、主に北九州で使用できるキャッシュレス決済です。

今主流になりつつあるQRコード決済の決済方法と類似しており、馴染みやすいものとなっています。最初、レジ前での利用方法が複雑だったら嫌だなと不安でしたが、複雑さはほとんど感じませんでした。

決済の流れを今からご案内していきます。

レジでPaycha(ペイチャ)決済を利用することを伝えます

まず、いつものようにレジで商品をチェックしていただいて、合計金額がわかった段階で「Paychaで支払います」と伝えます。

Paycha(ペイチャ)アプリを立ち上げます

レジの合計金額がわかった際にPaycha(ペイチャ)アプリを立ち上げても良いのですが、慣れていない場合は慌てるかもしれませんので、事前にPaycha(ペイチャ)アプリを立ち上げておくと良いかと思います。

Paycha(ペイチャ)を立ち上げた際の画面です。
「この商品券を利用する」ボタンを押します

Paycha(ペイチャ)アプリを立ち上げると、ご自身がチャージした金額の残金が表示されますので、「この商品券を利用する」ボタンを押します。

QRコードをスマートフォンで読み取ります

「この商品券を利用する」ボタンを押すと、Paycha(ペイチャ)アプリのQRコード読み取り機能が自動で立ち上がりますので、カメラで写真を撮る感覚でお店のレジに掲示してあるQRコードを画面内に映してください。QRコードが映ると、アプリが自動的に店舗を認識して次の画面「金額入力画面」に進みます。

支払い金額を入力し、了承後に支払いボタンを押します

お店の方から伝えられた合計金額をご自身でPaycha(ペイチャ)アプリに入力します。

入力方法は画面下に金額を入力する欄がありますので、「金額を入力してください」欄をタップ後、レジにて伝えられた合計金額をご自身入力します。

合計金額を入力後、お店の方に金額を確認いただいて、了承をいただけたら「支払う」ボタンを押します。

決済完了画面

決済が無事完了すると、こちらの画面が表示されます。お店の方から店舗のレシートをもらってください。

実際にPaycha(ペイチャ)を使用してみた感想

実際にPaycha(ペイチャ)支払いを経験してみた感想ですが、意外と簡単に決済が終了したなという印象を受けました。

Paycha(ペイチャ)と同様な支払い方法をとっているQRコード決済に、PayPayのQRコード決済が挙げられます。使用感はPayPayと似た感じでしたので、利用についても、あまり違和感なく馴染めるはずです。

今回第一回目のこのPaycha(ペイチャ)施策は、第二回目も実施されるようですので、皆さんもぜひ使用してみてくださいね!

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました