工事不要の食洗機、使ってみたら感動した。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

私は普段自炊をしているのですが、私的2台めんどくさいことの筆頭として、洗濯と炊事が挙げられます。

洗濯にかかる時間は、人それぞれかとは思いますが、私の場合だとまず半日以上は時間をとられてしまいます。

その時間の節約のために、洗濯乾燥機を購入したのですが、精神的に凄まじい楽感を感じました。

そして、機械に任せることで空いた時間を他の作業へ割り当てることができましたので、次は炊事(食器洗い)を自動化すべく、食器洗い機の導入を考えたのですが、よく考えてみると食器洗い機の設置は工事が必要・・

工事のために時間をとることがすごく嫌で、何か工事が不要な食洗機はないものかと調べておりましたら、ありました!

この食洗機は、従来設置工事によって水道からの導水パイプを食洗機本体に引き込む必要があった構造を廃し、食洗機背面の貯水タンクに水を貯めておく形にすることで、導水パイプの工事が不要となったものです。
 
まさに願ったり叶ったりの食洗機、早速価格を見てみますと四万でお釣りが来る価格帯。
 
色々と他のサイトのレビュー記事などを確認し、概ね評価が良かったので、我が家への導入を決定、早速Amazonでポチッと購入してみました。
 
 
翌日、荷物が届き、早速開梱。
装置本体を取り出しセットアップを進めていきます。
 

同梱品は極めてシンプルで、食洗機本体と二種類のフィルター、排水用のパイプ一本、他説明書が入っているのみ。パーツが少ないということは、組み立ても食洗機初心者に優しいですよね。

組み立ては、まず食洗機内部にセットされたカゴを外し、製品内容に漏れがないかを確認し、本体設置場所の位置決め、仮置きを完了した後に排水パイプを本体後ろ下の指定場所にセットします。

その後、排水管をシンクまで引き込み、電源コンセントにプラグを差し込み、アースをとって、食洗機内部にカゴを戻し、設置完了となります。

庫内の容量は、一人から二人で暮らしている世帯には必要充分なサイズ感だと感じます。

しかし、導水パイプの工事が不要な分、タンクへ水を貯める必要があります。それも付属のカップにより簡単に水を注ぐことができますので、食洗開始前の一手間ということで納得できます。

なんといっても手作業で食器を洗わなくていいという魅力の前には、水を注ぐ手間なんて負担にもなりません。儀式です。

洗浄モードは4つあり、ソフト洗い・強力洗い・標準洗い・スピーディー洗いと4つのモードがあります。

今回、ストレステストということで5日間放置した食器をセットし、強力あらいモードにセットし、洗ってみました。

ちょっとグロ画像になってしまいますので、食器の画像の掲載は控えますが、結果から言うとピッカピカになりました。

マジ感動です。

そんな食洗機もコンパクトなだけあって庫内容量も少し小さめですので、大きなお皿は手洗いをして、

小さなお皿に関しては食洗機で洗うという使い方をするのが良い感じです。

大まかなサイズ感は、公式サイトに掲載されていますので、そちらも合わせてご確認ください。

この製品に関しては、何ヶ月か使用してみて、使用感などのレビューをさらに追加していきます。

ちなみに、一緒に購入した洗剤はこちらの洗剤になります。固形洗剤で、60個入ってお得感あります。

フィニッシュ 食洗機 洗剤 タブレット パワーキューブ 60個 (60回分)

関連ページ

SKジャパン 食器洗い乾燥機 Jaime (ジェイム) SDW-J5L 製品ページ

タイトルとURLをコピーしました